Blog&column
ブログ・コラム

障害がある人のための就労支援とは?

query_builder 2021/06/23
コラム
6
障害を持つ人が就労する際に受けられる支援のことを、就労支援と言います。
今回は、障害と就労支援について見ていきましょう。

▼就労支援の対象となる障害
就労支援は障害を持つ人の就労を支援する制度で、対象となる障害があります。

■就労支援を必要とする障害
就労支援は、障害を持つ人全てを支援するために作られた国の雇用政策制度の1つです。
支援を必要とするケースには制限が定められており、日常生活や社会活動において、長期的かつ相当な制限を受ける人を対象としています。
障害の種類で言うと、身体障害や知的障害、さらに発達障害が該当します。
この条件に障害がある方は、就労にあたって、積極的に支援を求めるとよいでしょう。

■具体的な障害事例
障害の症例はさまざまですので、具体的にどのような障害が当てはまるのかがわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
2005年に制定された発達障害に関する法律「発達障害者支援法」においては、
・自閉症
・アスペルガー症候群
・学習障害のLD
・注意欠陥多動性障害を意味するADHD
などの4つの症例を、発達障害と定義しています。
知的障害精神障害の1つに分類されていますので、これらに該当する場合、就労支援の対象であることは明らかです。

▼まとめ
障害を持つ人の就労を支援する就労支援ですが、具体的にどのような障害が対象になるのか、わかりにくい面もあります。
その際は、公的な窓口であるハローワークに相談するか、地域で支援を行う法人に尋ねるのがおすすめです。
当法人では、就労支援に関する支援とサポートを行っておりますので、ぜひご相談ください。

NEW

  • 「笑顔deさいこうマルシェin県民ホール」出店します!

    query_builder 2021/06/23
  • query_builder 2021/06/14
  • 発達障害の症状にはどのようなものがあるの

    query_builder 2021/10/22
  • 発達障害になる原因は何が考えられるの?

    query_builder 2021/10/08

CATEGORY

ARCHIVE