Blog&column
ブログ・コラム

うつ病とはどんな病気?

query_builder 2021/07/09
コラム
11
怠け病など揶揄されるうつ病ですが、実際にはどのような病気なのでしょうか。
今回は、うつ病について考えていきます。

▼うつ病とは脳の病気
医学的には、うつ病は脳の病気とされています。

■ストレスが脳に影響を及ぼしている状態
うつ病は、体と心に受けるストレスが原因で、脳がうまく機能できていない状態を言います。
ただ、人によってストレスに耐える強さは異なるため、同じストレスでもうつ病につながってしまう人もいれば、特に問題なくやり過ごせる人もいるでしょう。
この違いが、うつ病は怠け病などと言われ、理解されにくい理由です。

■うつ病に見られる精神的症状
うつ病は真面目な性格の持ち主や、頑張り屋な方がなりやすいと言われます。
きちんとやらなければ、もっと頑張らなければといった「しなければならない」という考え方が大きなストレスとなり、徐々にうつ病を進行させてしまうからです。
その結果、うつ病を発症し、何をしても気分が落ち込んでしまう、楽しかったことが楽しく感じられなくなったといった症状が出てきます。

■うつ病に見られる肉体的症状
肉体的には、眠れない、食欲がわかない、常に疲れを感じるなどの症状が、うつ病の典型です。
うつ病は、肉体的症状と共に精神的症状がセットになって出てくることがほとんどですので、体と心に異変を感じるようであれば、うつ病の可能性はかなり高いと言えます。

▼まとめ
うつ病は精神的、肉体的ストレスから、脳がうまく機能していない病気だとわかりました。
人によってストレスに耐えられる限界が異なることが、うつ病の理解されにくい大きな要因でしょう。
当法人では、うつ病に悩む方々を全力で支援し、さまざまなサポートを行います。
まずはお電話でご相談ください。

NEW

  • 「笑顔deさいこうマルシェin県民ホール」出店します!

    query_builder 2021/06/23
  • query_builder 2021/06/14
  • 発達障害の症状にはどのようなものがあるの

    query_builder 2021/10/22
  • 発達障害になる原因は何が考えられるの?

    query_builder 2021/10/08

CATEGORY

ARCHIVE