Blog&column
ブログ・コラム

発達障害を持つ家族への対応はどうするべき?

query_builder 2021/11/01
コラム
29
発達障害を持つ家族への対応が分からない」と苦しんでいませんか。
サポートしたいと考える気持ちがあっても、疲れてしまうこともありますよね。
そこで発達障害を持つ家族にはどのように接したら良いか、見ていきましょう。

発達障害を持つ家族への対応はどうするべきなの
大きく分けると、発達障害は3つに分かれており、特性がそれぞれ違います。
種類と特性ごとに、以下のような対応がおすすめです。

[自閉症スペクトラム障害]
・説明する時は曖昧な表現を使わない
・言葉で理解しづらい内容は絵や文字で伝える
・混乱したり癇癪を起したりしたら落ち着くまで見守る

[注意欠如・多動性障害]
・持ち物は親が一緒に確認して忘れ物を防ぐ
・ルールを決めて行動する
・衝動的な行動を取らないよう声かけをする

[学習障害]
・タブレットなど特性に合った機材を使って学習する
・言葉で理解しづらい内容は絵や文字で伝える

発達障害の特性を把握して本人が過ごしやすいようにすると、家族のストレスも軽減できます。
専門家のサポートを受けながら、特性に合った対策を考えてみましょう。

▼まとめ
就労支援B型では、農業雑貨制作などの作業を通じて、工賃を得られます。
発達障害知的障害を持っていても、特性を活かして就労することが可能です。
「一般社団法人碧生会」では、佐賀市内で就労支援A型・B型、放課後等デイサービスを運営しております。
働きながら通信制高校の卒業資格の取得を目指すことも可能ですので、お気軽にご相談ください。

NEW

  • 「笑顔deさいこうマルシェin県民ホール」出店します!

    query_builder 2021/06/23
  • query_builder 2021/06/14
  • 引きこもりのケアはどうするべきなの?

    query_builder 2022/01/15
  • 引きこもりになるきっかけにはどんなものがある?

    query_builder 2022/01/01
  • 障害で就職が困難な場合の対策について

    query_builder 2021/12/15

CATEGORY

ARCHIVE